スマホ依存

PCやスマホの使い過ぎ、集中力低下や不眠の『脳過労』とは?

[2020.03.23]

パソコンやスマートフォンの使い過ぎで脳が過度に疲弊している「脳過労」の人が増えています。

「脳過労」になると認知症や鬱に近い症状が出ることもあるようです

私達の脳は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を通じて情報を「入力」し、前頭葉と呼ばれる場所で情報を取捨選択して「整理」を行い、言葉や行動として「出力」しています。

情報過多の時代になり、【脳過労】があなたの身近で起こっているかもしれません

脳過労セルフチェック

  • スマホをいつも操作してる
  • 常に忙しい
  • 物忘れが増えた
  • よく眠れない
  • 仕事・家事の段取りが悪くなった
  • 単純ミスが多くなった
  • 意欲・興味がわかない
  • イライラして怒りっぽくなった

※3つ以上あると脳過労の可能性があります

脳過労とは?

脳過労=前頭葉の機能低下です。

PCやスマホの使用頻度が高まり情報過多によって脳が疲弊し「脳過労」にななります

入力される情報量が多くなると、処理しきれずに氾濫しゴミ屋敷のような状態になる

情報の整理を行う前頭前野は思考や意思決定、記憶や感情のコントロールをつかさどる
ミスが多くなったり意思決定ができない、イライラしたり仕事に支障をきたします。

脳過労の対策

脳過労の対策、予防、治療とは?

脳過労を改善・予防するためには前頭葉での情報処理がスムーズに行われる状態を作ることが重要である

スマホを手放す時間を増やすトイレ・浴室・寝室で使わない「ながらスマホ」をしない
ぼんやりする時間をつくる散歩・ゴルフの素振り・リラックスして皿洗い
睡眠を十分にとる 15分程度の昼寝・椅子で5分ほど目を閉じ呼吸を意識する

脳過労の治療

TMS治療(前頭前野への磁気治療)
TMS治療で脳の前頭前野のDLPFC(背外側前頭前野)を刺激し、脳のネットワークを調整することで疲れた脳のケアを行います

こんな人がおすすめ

  • 仕事でPC・スマホが手放せない
  • ぼんやりする時間がない
  • 頭にもやがかかっている

薬に頼らないスマホ依存・ゲーム依存の脳疲労治療 TMS治療

[2020.11.07]

スマホ依存・ゲーム依存とは?

インターネットやゲームを「好きでやる」ことと「依存する」ことは違います。

コロナ禍では、自粛生活からスマホや・ゲームに接する時間が増えやすくスマホ依存やゲーム依存の人が多くなっています。最近ではユーチューブ依存(youtube依存)のような動画を延々と見てしまう人も多くなっています。

「スマホやPCを触っていない時間があるとそわそわしてしまう」、「無意識にいつのまにか携帯をさわってしまう」、「ネットやゲーム、スマホについて注意されるとイライラしてしまう」ような状態になると、スマホ依存、ゲーム依存のイエローカードです。

 スマホ依存・ゲーム依存チェック

スマホ依存、ゲーム依存はどこからが依存症になるのかが判断が難しいです。

自分で判断する目安としては「利用をした時間を後悔する」状態はコントロールができていない状態といえます。

  • 夢中になってご飯を食べ忘れたり、眠りにつけなくなる
  • やめようと思ってもいつのまにかさわってしまう
  • 利用時間や課金状態を周りの人に話すことにためらいを感じる
  • 仕事上のミスが増えた
  • 家族関係や友人の関係など人間関係が悪化した

スマホ依存・ゲーム依存はなぜおこる?

スマホ依存・ゲーム依存などでは前頭前野の機能低下により衝動や感情などのコントロールが難しく依存が形成されます。

依存症になる原理はアルコールやギャンブルの依存と同じです。スマホやゲームなどの刺激があると脳内にドーパミンのホルモンが分泌され、依存が形成されます。

ドーパミンはやるきスイッチのようなものです。前向きに行動しづらくなるようなストレスを感じると、ストレスがあってもドーパミンを出して頑張って動こうとドーパミンが出ます。

しかしながら、スマホ依存やゲーム依存などは、ドーパミンの分泌を外部の刺激に頼り続ける状態です。いざストレスを感じた時、内部からドーパミンが十分に分泌されずイライラして、やる気が出ない、うつ状態に

もなりやすくなります。

スマホ依存・ゲーム依存存は大脳基底核の「報酬系」の反応の欠乏により、スマホ・ゲームから離れるとイライラしてしまう状態になります。

脳内報酬系を中心とした脳の各部位における形態的・機能的障害が報告されおり、感情のコントロールを行う背外側前頭前野と線条体の機能的結合が減弱していることが知られています。

スマホ依存の影響~二次障害~

インターネット・ゲーム障害の二次障害として、うつ病、睡眠障害のような状態になったり、栄養状態の悪化、人間関係の悪化などがおこりやすく心身に影響がでます。

スマホ依存・ゲーム依存二次障害チェック

  • イライラしやすくなった
  • 寝つきが悪くなった
  • ゲームやスマホはできるが、起き上がるのが億劫になった
  • 腰痛がひどくなった
  • 睡眠のリズムが崩れ昼夜逆転した

スマホ依存やゲーム依存の要因

スマホ依存・ゲーム依存になる要因は1つではありません。社会的に閉じこもりたくなるような状態や精神の病気、小さいころからのインターネットの頻回な使用など、いくつもの要因が重なっています。スマホ依存・ゲーム依存には「促進要因」と「抑制要因」がいくつもあり、バランスが重要です。促進要因をたくさん持っていたとしても、抑制要因の一つが十分に重かったり、抑制要因の方が多く持っていればゲーム障害に陥らずにすむかもしれません。

参照

ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本  樋口 進

医学のあゆみ ゲーム依存 271巻6号 

薬に頼らないスマホ依存・ゲーム依存の治療~TMS治療~

TMS治療でスマホ依存・ゲーム依存の原因となる前頭前野を刺激し、ドーパミンを調整することができます。スマホやゲームから離れるとソワソワしてイライラしてしまうという渇望状態を抑制することが可能です。

スマホ依存・ゲーム依存の二次障害である、落ち込みややる気の低下、睡眠障害などもTMS治療により、薬に頼らない治療が可能です。

スマホ依存・ゲーム依存の症例

24歳 男性 スマホ依存・PC依存・youtube依存

スマホやPCでユーチューブ(youtube)をみてしまい卒論がすすまない

コロナ禍で大学がオンライン授業となり、だんだんと引きこもりがちな生活になってきた。スマホyoutubeをみるようになりいつのまにか半日も時間がたったり、寝つきが悪くなり昼夜逆転するようになった。
自分の中では、ただスマホをみている、楽しんでいるだけだとおもっていたが、だんだんと学校の約束の時間や友人との時間を忘れyoutubeから離れられない状態になっていた。

卒論を書くためにPCを用いた際もyoutubeをみてしまうようになり、卒論の仮提出の際に提出ができなかったことをきっかけに自分で自分の状態がおかしな状態と自覚し、当院へ受診をした。

当院来院時には集中力低下の心理検査が14点であり、お父様と来院された。当日よりTMS治療を開始し、TMS治療10回目の時には集中力の心理検査は4点まで改善を認めていた。

それまでは、日常の小さなことでもイライラしやすかったり、イライラするとyoutubeをみたい渇望感がでてきていたが、治療がすすんでいくにつれて、イライラはしなくなってきており、だんだんと落ち着いて物事に取り組めるようになっていった。

TMS治療20回目の時には、今までネットをみると、すぐに他の面白そうな情報をクリックしてしまっていたのが、必要な情報はなにかを考えながら調べることができるようになり、時間が半分以下になったと喜ばれていた。

お父様も治療が進むにつれて家でも集中をして勉強や家事に取り組む姿が見られるようになってきたと喜ばれていた。

38歳 女性 スマホ依存・カフェイン依存

3つの会社の仕事の通知でスマホをみないとソワソワする

社外取締役など、3社の会社の仕事をしており朝から晩まで常にスマホ通知が来る状態になっていた。

仕事ができていた時は膨大な量の情報の処理もできていただものの、だんだんと夜眠る直前までスマホやPCと共に生活をする状態になり寝つきが悪くなって、朝起きるのが億劫になってきた。

そのような状態が3ヶ月続いた後、意思決定力が著しく落ち、自分の脳のパフォーマンスが低下していることを自覚し、当院受診となった。

当院初診時集中力低下の心理検査が16であり、通知がならないとソワソワするじょうたいになり、周りの社員にもきつく当たるようになっていた。

TMS治療10回目の時には集中力低下の心理検査は6まで改善しており、治療終了後に頭がすっきりする、自然な眠気が夜でるようになり、スマホの通知がしなくてもおちついて目の前の仕事に向かえるようになったと喜ばれていた。

20回目の時には集中力の心理検査は4まで改善し、一度仕事を整理して本当に自分がやりたい仕事にフォーカスするとすっきりした顔をされていました。

 自分でできるスマホ依存・ゲーム依存の予防対策

  • スマホを別の場所に置いてみる
  • ネット以外の趣味やストレス解消法をもつ
  • 筋トレなど「成長を実感できる」運動をする
  • 家族など一目のある部屋でパソコンやスマホを使うようにする

料金

ネット依存に対するTMS治療

ネット依存プロトコール ベーシックTMS治療:4,500円/回(税別)

20回(セット)+10回(フォローアップ)

※周囲と本人の精神療法を組み合わせることもおすすめします

TMS治療・PCR検査のお問い合わせ