メニュー

【共通テスト前に準備したいPCR検査】

[2020.10.18]

日本政府は10月15日、新型コロナウイルス感染症対策分科会で、共通テストの感染防止対策として「濃厚接触者」の受験について、「保健所から濃厚接触者とされ、14日間の健康観察中でも、当日に無症状であれば試験を受けられる」と認めました。

大学受験はその後の人生を大きく変える大事な試験です。いくら対策がしっかりされているとはいえ、受験会場で「自分は感染していないか」「見ず知らずの受験生が感染しているのではないか」と心配になってしまうのではないでしょうか?また、試験前々日になって濃厚接触者と通告された場合、病院を探すのに1日・検査結果が出るまで3日かかり、共通テストに間に合わないという事態が起きても不思議ではありません。

文部科学省が試験会場における感染対策を充実させる案を出したことで感染症対策の専門家が了承しましたが,「試験直前に追い込みができない…せっかく今まで準備してきたのに…」「共通テストが終わっても、私立大学の受験の日程で安全にできるか不安になる…」このような気苦労をしていては問題に手が付きません。共通テストだけでなく、二次試験でも同様です。

【共通テストコロナウイルスPCR検査準備キット】

当院では、そのような受験生と親御さんへ安心と安全をサポートする【共通テストコロナウイルスPCR検査準備キット】を準備しました。

有効期限が試験当日までの検査キットを用意しておけば、いざ検査が必要という時に慌てずに済みます。
【共通テスト準備PCR検査キット】がおすすめの方・団体

  • 受験生を抱えている各学校、予備校、学習塾
  • 受験生のお子様をお持ちのご家庭
  • 地方から都市に赴いて受験をする方も多いと思います。地方では新型コロナウイルスの感染が都会程拡大しておらず、不用意に恐れてしまう傾向があります。

    (実際に私もそうでした)しかし、しっかりと検査と感染対策をすれば自らの感染リスクと周りに感染させてしまうというリスクを大幅に下げることが出来ます。

    もちろん、検査後に症状が出始めた場合は試験会場に行くのは控えましょう。
    受験生が夢への一歩を安心して踏み出すために、私達は応援致します。

PCR検査お問い合わせはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME