メニュー

うまく眠れない~薬に頼らない不眠症治療~

眠りの悩み

眠りたいのに眠れない、睡眠時間が短く、眠りが浅い状態が続くと、身体や心の不調につながります。睡眠薬、抗不安薬等のお薬の服用が長期間になりだんだんと眠れなくなるといったこともあり、日本では女性では22.3%、男性では20.5%の人が「夜うまく眠れない+日中の支障がでる」と睡眠の不調をかかえています。

こんなお悩みありませんか

  • 寝つきがわるい
  • 途中でたびたび目が覚めてしまう
  • 朝起きると疲れが残る
  • 悪夢をみる
  • ベンゾジアゼピン薬など睡眠薬の副作用や依存や離脱が不安
  • 日中の集中力が低下する

不眠症と薬に頼らないTMS治療

*うまく眠れないけれど、薬を飲むことが不安、薬を飲み続けないといけないようで怖い、依存になってしまったらどうしようとお薬に頼らない治療、お薬の減薬を目指す治療を希望されている方もいます。

不眠症に効果がある刺激法(プロトコール)が薬に頼らない脳の磁気治療であるTMS治療にあります。

睡眠薬依存・ベンゾジアゼピン離脱に対するTMS治療

*薬依存の状態では、睡眠の質と量が低下しやすくなり、さらにお薬が手放せない状態になりやすくなります。薬物依存になっている人は5-10倍睡眠が障害されやすいという報告もあります。

*眠る前の睡眠薬や、不安を抑えるための抗不安薬などのベンゾジアゼピン系の減薬の際に、お薬を飲まなくなった後ソワソワ感(焦燥感)が強くなった、動悸がして眠りにくい、感覚が過敏になってしまったという「ベンゾジアゼピン離脱」にTMS治療の効果が臨床でみられています

※クリックすると拡大します。

不眠症・過眠症の症例

48歳男性 睡眠薬が手放せない

14年服用して、お薬がないと眠れない状態を改善したい

仕事が忙しくなったころから夜眠れない状態となり、睡眠薬の処方をされ服用を開始した。その後数年間は不眠になった時だけ服用をしていたが、1年前より薬を飲んでも眠りづらくなり、毎日服用をするようになった
半年間で途中で起きることも増えてきて、睡眠によい生活も行ってみたがなかなか効果が出ず、忙しいことから睡眠のための生活改善の余裕がなくなってきた。このままだと薬がどんどん増えてしまうと心配になり、薬以外の睡眠の改善ができないかと当院初診となった。

初診時 心理検査18 点(10点以上で不安が強い状態)であり、眠る前に緊張して逆に眠りにくくなったり、色々と考えてしまい目が冴えてしまう、夢を多くみたり、ベッドパートナーからは歯ぎしりを指摘されていた。

14日目には、心理検査6点となり、薬を飲む前に眠気が出るようになってきたと喜ばれていました。20日目には1回程度トイレで起きるもののその後は困らず入眠できるようになっており、夢をみずに深く眠れるようになったと話されていました。その後、自然と眠気があることから無理なく減薬できたと喜ばれており、ベンゾジアゼピン系の薬剤の減薬に成功されました。奥様から寝ているときの歯ぎしりが減って安心したとのお話しもあり、睡眠に再び自信を取り戻されていました

24歳女性 不眠と過眠を繰り返す

国試があり、日中に眠気がなく集中力を発揮したい

卒業試験頃から、生活のほとんどを勉強して過ごすようになった。勉強していないとどんどん不安になってしまう状態となり、眠気に耐えながらも勉強をして疲れたら眠る、起きたら勉強するを繰り返していた。だんだんと夜眠りずらくなり、朝学校へ行く際に身体を引きずっていくような状態になっていた。夜は眠りずらく、夜中まで勉強をして、お休みの日になると14時まで寝てしまう、勉強で疲労を感じた際の2-3時間の仮眠を合わせると1日で10時間以上寝ている状態であった。

初診時 心理検査21 点(10点以上で集中力の低下が強い状態)であり、だるさや食欲不振などの身体症状も認められました。国家試験まで1ヶ月程度であり、日ごろの集中力を上げたいと希望もあり、短期集中型の治療を行い、初診日からTMS治療をはじめました。

5日目には、心理検査7点となり、頭のモヤがすっきりした状態で朝がすっきり起きられるようになったと改善を認めていました。20日目にはだるさや食欲不振などの症状も改善をみとめ、笑顔が出るようになってきました。試験の日には朝起きれるようになり、朝から集中して落ち着いて試験ができたと喜ばれておりました。

TMS治療強化睡眠トレーニング

「TMS治療の効果をより強化して、早く改善したい」、「TMS治療後の再発予防をしたい」という方にTMS治療と組み合わせるとより効果的な睡眠トレーニングを行っています。

睡眠には3つの感受性があり、どの感受性が強いかを元に1対1であなただけの睡眠カウンセリングを行います。

全3回、約1.5ヶ月でTMS治療のフォローアップを含めて行います。

こんな方が睡眠トレーニングにピッタリ

    • 不調になりにくい生活習慣をつくりたい
    • 根本から不眠を改善したい
    • 朝すっきり起きれる日々を送りたい
    • 復職後パフォーマンスを取り戻したい
    • TMS治療後の再発が不安
    • 眠りについての不安を相談したい

    コロナ禍が 原因?「お寝坊夜ふかし型」睡眠相後退障害

    睡眠相後退障害は、極端な遅寝遅起きが続き、遅刻する、日中に強い眠気を感じるなど生活に支障が出てしまう病気です。

    人間は24時間以上の睡眠リズムを持っていますので、自然と遅寝遅起きになりやすいです。

    特に日本人は勤務時間外でもメールを返しがちで、夜遅くまで仕事をしてしまうことから緊張が解けず、夜遅くまでの仕事は入眠しにくい原因になります。

    ウーマンウェルネス研究会は新型コロナの感染拡大後、睡眠の質が悪化した人に原因を聞いたところ約4割が「遅寝遅起きの習慣化」をあげています。

    まずは朝に太陽の光をあびて、よるは強い光を避けてリラックスしてみましょう。なかなか改善せず悩まれるようであれば、当院では睡眠相後退症候群に特化した睡眠トレーニングをご紹介します。

    お薬は処方いたしませんのでご注意ください。

    睡眠相後退障害とうつ

    睡眠相後退障害は、「お寝坊夜ふかし」をしやすい特に受験生や大学生、新入社員に多くみられます。

    一方、朝起きれないのはうつ病の兆候である可能性もあります。睡眠相後退症候群とうつを同時に発症することもあるため、それぞれの対処が必要です。

    当院ではうつに対して、薬に頼らないTMS治療を、睡眠相後退症候群には睡眠トレーニングのカウンセリングを用いて再発予防まで含めた治療を行います。

    睡眠相後退症候群は医療の対象となることがあまり知られておらず、ただのナマけとして考えられてしまうこともありますが、医療の対象となります。まずはお気軽にご相談ください。

    眠る投資~ハーバードが教える世界最高の睡眠法~

    当院の田中奏多院長の著書【眠る投資~ハーバードが教える世界最高の睡眠法~】が丸善&ジュンク堂書店 全店 こころの病気部門で1位、楽天ブックス 健康部門1位、Amazon 睡眠部門1位のベストセラーになりました。

     

    JRの山手線、京浜東北線、中央線等の電車内の広告で見かけられた方もいるかもしれません。

     

    TMS治療がなぜ心の病気に効果があるのか、脳のネットワークの考え方や、TMS治療に合わせた方がいい生活習慣(睡眠トレーニングでご案内も可能です)やビジネスマンの心の不調と予防、復職時の再発予防策な度の重要性について執筆されています。

    当院のTMS治療効果

    どの病院もクリニックも同じTMS治療を行っているわけではありません。

    TMS治療は海外に10年遅れて2019年6月に保険診療になったばかりでもあり、海外のTMS治療の知識と専門性をもつか、経験症例数や、プロトコール、日本全体の他医療機関との医療連携を実施しているかなど、TMS治療の専門性に大きく違いが存在します。

    研究をもとにしたTMS治療の文献では、一般的にTMS治療は3-4割の効果が認められるとされています。

    当院では、研究プロトコールではなく、より治療効果を高めるための臨床プロトコールと臨床TMS治療機器を採用し8-9割の効果をみとめています。

     

    心理検査改善割合

     

    ※うつ状態と集中力を評価する心理検査

    重症度別 TMS治療改善改善度

     

    方法

    ※2020年5月~2021年1月までに当院へ来院し、TMS治療を実施した全患者

    男性56%、女性44%
    10代:3%,20代:25%,30代:25%,40代30%,50代:12%,60代5%
    TMS治療初回時・10回目・20回目の心理検査結果の比較分析

    「日本人に合わせた世界標準のTMS治療」を行うため日々データを積み重ね分析し治療を改善しています。

    薬に頼らない、睡眠改善の生活

    厚生労働省が2014年に出した睡眠衛生指導があります

    健康づくりのための睡眠指針2014~睡眠12箇条~

    1. 良い睡眠で、からだもこころも健康に。
    2. 適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
      ・定期的な運動や規則正しい食生活は良い睡眠をもたらします
      ・朝食はからだとこころのめざめに重要です
    3. 良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
      ・睡眠不足や不眠は生活習慣病のリスクを高めます。
    4. 睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
      ・眠れない、睡眠による休養感が得られない場合、こころのSOSの場合もあります
      ・睡眠による休養感がなく、日中もつらい場合うつ病の可能性もあります
    5. 年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
      ・日中の眠気で困らない程度の自然の睡眠が一番
    6. 良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
      ・自分にあったリラックス法が眠りへの心身の準備となる
    7. 若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
      ・休日に遅くまで寝床ですごすと夜型化が促進される
      ・朝目が覚めたら日光を取り入れる
    8. 勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
      ・日中の眠気が睡眠不足のサイン
      ・睡眠不足が仕事の能率を低下させる
      ・睡眠不足が蓄積すると回復に時間がかかる
      ・午後の短い昼寝で眠気を回復、能率改善
    9. 熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
      ・寝床で長く過ごしすぎると熟眠感が減る
      ・適度な運動は睡眠を促進
    10. 眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
      ・眠たくなってから寝床につく、就寝時刻にこだわりすぎない
      ・眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに
    11. いつもと違う睡眠には、要注意。
      ・睡眠中の激しいいびき・呼吸停止は要注意
    12. 眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を

    参照

    健康づくりのための睡眠指針 | 健康長寿ネット

     

    料金

    不眠症に対するTMS治療

    不眠症プロトコール じっくりTMS治療:9,900円/回(税込み)

    20回(セット)+10回(フォローアップ)

    TMS治療を受けるには?

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME