メニュー

海外渡航用新型コロナウイルスPCR検査
(ベトナム・ハワイ非対応)

2日前にお問い合わせいただければ
当日検査・陰性証明書お渡しの渡航用PCR検査を承っております。
今後渡航PCR検査ご予約を希望の方は
【中国渡航用PCR検査お問い合わせ】からご連絡ください。

PCR検査について電話でのお問い合わせは担当が異なるため、行っておりません。
お手数ですが、【お問い合わせフォーム】からご入力ください。

 

 

海外渡航用新型コロナウイルスPCR検査

当院の渡航PCR検査は現在【ベトナム・ハワイ】に対応いたしておりません。

現在海外に渡航する際には、PCR検査が入国のために必要です。

当院では、海外渡航用の新型コロナウイルス(COVID-19)PCR検査、ならびに英文・中国渡航用陰性証明書を迅速に発行しております。

海外渡航用検査の種類

①渡航5日以上前:郵送オンラインPCR検査  ※中国・ベトナム・ハワイ非対応

②渡航2日前:迅速PCR検査+IgM・IgG抗体検査 ※現在中国のみ対応

検査費用

中国渡航用PCR検査お問い合わせ

渡航用PCR検査申込み(中国・ベトナム・ハワイ非対応)

 

海外渡航用郵送PCR検査(中国・ベトナム・ハワイ除く)

※クリックすると拡大します

郵送PCR検査陰性証明書(中国・ベトナム・ハワイ除く)

当院では、唾液検査、スワブ検査を精度管理の下行っております。コロナウイルスPCR検査が陰性の場合、NON-COVID-19PCR陰性証明書を電子発行いたします。この陰性証明書はメールで迅速に共有され、オンライン通知をおこないます。郵送を待ったり、再度来院する手間がかかりません。

※クリックすると拡大します

郵送PCR検査申込み(中国・ベトナム・ハワイ非対応)

※郵送PCR検査は中国・ベトナム・ハワイに対応しておりません









中国渡航用 当日渡航PCR検査

11月8日まで中国への渡航PCR検査+IgM検査は予約がいっぱいです。
今後渡航PCR検査ご予約を希望の方は
【中国渡航用PCR検査お問い合わせ】からご連絡ください。

当院では、中国の①48時間以内(検体採取日から起算)発行の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書、ならびに②血清IgM抗体検査陰性証明(ダブル陰性証明)を発行いたします。

中国渡航に対する新型コロナウイルス陰性証明書の要件が変わりました(11月2日)

中華人民共和国駐日本国大使館より、中国渡航に対する要件変更を11月8日より行うと通達がありました。

日本から中国へ行く乗客へお知らせ 搭乗に「PCR検査及び抗体検査」の陰性証明が必要になります

 

【2020年11月8日からの4つの変更点】

1. 搭乗の72時間前検体採取→搭乗の48時間前まで検体採取

2. PCR検査のみ→PCR検査と抗体検査(IgM)

3. 病院独自のフォーマット→中国大使館指定のフォーマット(紙媒体)

4. アプリで中国政府に画像を提出→チェックイン時に原本を航空会社に提示、コピーを提出

中国渡航用個人お問い合わせフォーム

中国大使館指定:PCR検査+血清IgM抗体検査陰性証明(ダブル陰性証明)

 

中国向け 当日迅速渡航PCR検査+IgM検査費用

当日迅速渡航PCR検査の流れ




11月8日まで中国への渡航PCR検査+IgM検査は予約がいっぱいです。
今後渡航PCR検査ご予約を希望の方は
【中国渡航用PCR検査お問い合わせ】からご連絡ください。

 

中国渡航用PCR検査お問い合わせ

 

渡航前の確認

渡航先から出ている渡航者向け情報を確認しましょう。渡航者向けの情報は、旅行会社、航空会社、政府より用意が必要な手続きが案内されています。

渡航に必要なPCR検査の対象医療機関は大きく2つのご案内を参考にしてください。

①日本渡航学会トラベルPCR検査病院:9月9日更新 ※随時更新されていきます

ビジネス渡航者へのPCR検査の検体採取および検査証明の発行が可能な医療機関

②経済産業省:(2020年10月に公表予定)

出国者PCRセンター(2020年10月に公表予定)

③中国大使館(2020年11月3日公表)

中国大使館認定のPCR検査・IgM抗体検査のW検査陰性証明書が発行できる医療機関

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME