メニュー

医療連携

医療連携とは

医療連携とは、医療機関が機能の分担と専門家を進めることで、病院と病院とが円滑な連携をはかり、患者さんが信頼できるかかりつけ医の先生のもとで地域で継続性のある医療を受けられるようにするものです。

現在のTMS治療問題点

TMS治療は2019年6月に保健診療化されたばかりであり、世界に10年遅れ日本に導入された治療です。そのため、TMS治療を専門的に学んだことのある医療者も少なく、保険診療で行える医療機関は日本全体で10医療機関もありません。

保険診療では原則2-3ヶ月の入院治療によるTMS治療が行われており、TMS治療を希望される患者さんも多いため治療が受けづらい状況にあります。

自由診療は、TMS治療の専門性の基準がなく、価格も自由に設定できるため、、間違った情報によるTMS治療を推奨していたり、未承認の医療機器を用いて安くしたり、高額な治療の設定をしてローンを組んだりする医療機関もみられています。

現在のTMS治療医療連携の難しさ

保健診療ではかかりつけ医の先生から事前に保険診療のTMS治療病院に診療情報提供書の発行をお願いし、入院治療期間中は主治医を交代する必要がありました。

自由診療では医療連携の仕組みは整備されておらず、治療方針がかかりつけ医の主治医の先生、TMS治療のクリニックの先生の2重の治療方針になったり薬物療法がおこなわれたりと一貫性がないことが問題になっていました。

当院ではこのような背景から、かかりつけ医の先生の診断、薬物治療、精神療法、治療方針等を共有していただき、当院ではTMS治療の部分を担当する。現在のかかりつけの先生と協力して併診という形でTMS治療が受けられる【三人四脚制】の医療連携の仕組みを作りました。

東京TMSクリニックの医療連携

医療連携の流れ

ここが違う! 東京TMSクリニックの医療連携

  1. 身体問診を先に行い、安全面からTMS治療が身体的に受けられない場合を先に知ることができる
    その後必要な情報を分かったうえでかかりつけ医の先生に相談し、診療情報提供書を発行してもらえるため、診療情報提供書代と医療者の時間が節約される。
  2. 主治医の治療方針を共有しながらの治療のため、患者さん、かかりつけ医の先生、TMS治療の病院で連携を取りながら刺激方法や治療頻度等の調整、治療の進捗などを決められる
  3. かかりつけの医療機関がない方にも、必要に応じて通院しやすい近医での医療機関の受診を紹介状を発行することができ、重症度により適切な医療機関へかかることができる。

海外の医療連携が可能

TMS治療を受けられる方には海外の方も多く、留学中、海外転勤で帰国の際にTMS治療を受けたいという方にも対応しております。その場合、TMS治療終了時に多言語での紹介状・診療情報提供書の発行が可能です。

対応言語:英語

※今後中国語にも対応予定です

医療連携を行っている医療機関(一部記載

当院では医療機関との連携の上、TMS治療を行うことができます。

  • 東京慈恵会医科大学
  • 大阪医科大学
  • 浅香山病院
  • NTT東日本 関東病院(申請中)
  • 国際医療福祉大学三田病院
  • 国立国際医療研究センター病院
  • 昭和大学病院
  • 帝京大学医学部付属病院
  • 東邦大学医療センター大橋病院
  • 豊島病院
  • 国立病院機構 東京医療センター
  • 東京共済病院
  • 東京都済生会中央病院
  • JCHO東京新宿メディカルセンター
  • JR東京総合病院
  • 東京逓信病院
  • 東京労災病院
  • 東京都立広尾病院
  • 虎の門病院
  • 日本赤十字社センター
  • 日本大学病院
  • 三井記念病院 など

医療連携についてのお問い合わせはお気軽にお問合せフォームよりご連絡ください

TMS治療とは
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME